« 少しの違いの積み重ね3 | トップページ | 活躍する人たち »

2006年8月30日 (水)

医学生にお勧めの本 2

日本の医療―統制とバランス感覚 Book 日本の医療―統制とバランス感覚

著者:池上 直己,J.C. キャンベル
販売元:中央公論社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

少し内容が古いですが、日本の医療を概観するのに役立ちます。医学部では体のことを学ぶことが多いですが、卒業後に自身が入っていく医療を俯瞰することは実はあまり多くないのではと思いお勧めします。

十代の夢―アメリカ横断自転車の旅 十代の夢―アメリカ横断自転車の旅

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4890390456/mixi02-22/

私の大事な友人の書いた本で青春を感じさせる爽やかな本。

まっすぐに夢に向かいその中で悩み成長していく姿が描かれています。読んだ後に自分も夢に向かって頑張ろうという気持ちになります。

社会に出て時が過ぎ、自分の大事にしていた夢を見失いそうになることがあります。そんなときにこの本を読み直し、初心に帰るようにしています。

« 少しの違いの積み重ね3 | トップページ | 活躍する人たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少しの違いの積み重ね3 | トップページ | 活躍する人たち »