« 精神科 教科書 | トップページ | きっと年を取ったのでしょう »

2007年3月28日 (水)

麻酔看護師

http://www.aana.com/

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2642dir/n2642_03.htm

麻酔看護師というのが米国にはあってICUの経験を数年積んだ看護師が修士の資格で麻酔の研修を二年半を行います。その後は独立して麻酔をかけることも可能になります。(施設によっては麻酔科の管理下の場合もあります。)

日本でも同様の資格の導入の議論があるようです。米国ほどの医療行為の範囲は難しいかもしれませんが、麻酔の維持を目的にコースを作り資格を作ることにそれほど問題があると思いません。特にICUの看護をしっかりやってきた看護師であればなおさらと思います。導入は医師がやるにしても万が一のトラブルに備えて気道管理に特に強調をおいたACLSを完全にマスターしている必要があると思います。

小児科医せよ麻酔科医にせよ現状の労働条件を改善しない限り、冷静な判断力がある医学生が敬遠する可能性はあると思います。

医師の養成と総数増加も大事と思いますが、医師法に縛られすぎている日本の医療の現状を見返す必要もあると考えています。

« 精神科 教科書 | トップページ | きっと年を取ったのでしょう »

コメント

私もそう思います。医師も看護師も助産師も医療に携わるという面では同等の存在なのですから、知識、技量が一定の水準にあるとみとめられれば、一定の医療行為はみとめても良いのではないでしょうか。

コメントありがとうございました。
今までのやり方にこだわりすぎると制度疲労によって明らかに崩壊しつつある日本の医療に迅速な対応が不可能になってしまうと思います。

はじめまして。

麻酔維持ナース。
うらやましい限りです。

日本の田舎にいると自科麻酔してから、
手を洗って助手兼麻酔維持みたいな・・・。

全く古くさい医師法に縛られてか乗じてかわかりませんが
コメディカルのできることを少なくしようという最近の動き
はとても現場を知っている者がやることとは思えません。

脳外科見習い先生
コメントありがとうございました。麻酔看護師は米国で大分歴史があるようで、維持だけでなく導入も含めてすべてできます。心臓外科の手術もずっとやっている人だと問題なく対応できるそうです。

麻酔維持看護師というのはもし日本で同様の資格を導入するとしたらの仮定の資格です。

先生のブログを拝見させていただきました。私は日本の病院は二つしかしりませんが、脳卒中は神経内科が見るものだと思っていたら(手術適応でないもの)、沖縄に行ったらすべて脳外科がみるということで驚きました。個人的には手術適応のない脳卒中は内科が担当して、脳外科医の先生はより手術に集中できるような環境が良いのではと思いました。また、ICU入室していて呼吸管理が必要な患者さんなどは集中治療医と仕事を分担してより手術に集中できるような環境ができたらよいのかと感じました。

しへい先生、コメントのコメントありがとうございます。

脳卒中医療に関しては日本国内でもかなり地域差があり、
北海道はかなり劣悪だと思います。

中核病院ですら、症例によっては自科麻酔(特に血管内治療)というところもあります。

全て脳外科が診るメリットというのもあるのですが、
リハビリ、麻酔、ICU管理、緩和ケア・・・。

医師数が絶対的に不足しています。

はじめましてo

私は看護師を目指している高校2年ですo
日本でも麻酔看護の資格が取れる時代がくるのでしょうか?

もっとたくさんの情報があったら教えていただきたいです!
お願いしますo

麻酔看護師の導入はいずれ起こると思いますが、いつかはわかりません。舛添厚生労働大臣の発言をみるとスキルミックスということばが良く見られます。彼は明らかに麻酔看護師などのことを意識していると思います。
http://iseki77.blog65.fc2.com/blog-entry-6659.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 精神科 教科書 | トップページ | きっと年を取ったのでしょう »