« 救急にかかわる人々:EMS1 | トップページ | 小児救急:失敗から学ぶ »

2007年4月29日 (日)

EMS2-1: 医療用ヘリコプター

 学生の頃、実習に行った病院で外科医の先生が専門的な手術を行う施設数が多すぎて十分な教育の機会があり・外科医の質を維持することが難しいことがあると教えてもらいました。その先生曰く、ヘリコプターなどの病院前の搬送手段が充実しないため拠点病院化が難しいとの話でした。

 今日本はまさに医師不足現場崩壊という状況で拠点病院化が進んでいます。そんななかヘリコプター救急の果たす役割はとても大切と考えております。

http://www.asahi.com/health/news/TKY200704260181.html

ドクターヘリを推進する法案もこのまま順調にいってほしいと切に願います。

--

 前任地での救急部長の先生のご指導でいろいろとその重要性・現場の心構えや実際の活動を学ばせていただきました。

http://www.medimedi.org/mediblog/archives/2005_9_1_83.html

「ドクターヘリ」ではなかったのですが、日本と米国で医療用ヘリに同乗するというのはあまりなさそうな経験なので、簡単な紹介をさせていただければと思います。

--

Dscn1081 ユーロコプター BK117という機種だそうです。ヘリコプターによる搬送を行い始めたのは20年少し前で米国では50番目くらいであったのとのことです。現在米国におよそ300以上の医療用ヘリコプターがあると伺いました。

私の働く施設の病院ネットワークが所有するヘリコプターは3台でそのうちメインの病院の11階にあるヘリパッドにあるこの写真のものがIFR(計器飛行方式)が可能です。鼻のところの黒いのがその証拠です。残り二台も来年にはIFR可能になると聞きました。この2台のヘリコプターはメインの病院から100キロ程度離れていてます。大体時速300キロと考えると中心の病院から半径400キロ前後をカバーすることになるでしょうか。

(またジェット機で国を問わず患者さんを迎えにいくこともあるそうです。イリノイ州・ケンタッキー州などいろいろな州から運ばれてきます。)

Dscn1082_1  11階の格納庫の中です。冬場は寒くなり氷結でヘリコプターの羽のバランスがおかしくなる可能性があるため格納庫によくヘリコプターを運び入れます。

(つづく)

« 救急にかかわる人々:EMS1 | トップページ | 小児救急:失敗から学ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132867/6321218

この記事へのトラックバック一覧です: EMS2-1: 医療用ヘリコプター:

« 救急にかかわる人々:EMS1 | トップページ | 小児救急:失敗から学ぶ »