« EMS3:救急車・消防車 | トップページ | 誕生 »

2007年5月21日 (月)

EMS2-4:安全管理など

Dscn1097 パイロットの方々はとても経験が豊富で、レジデントにヘリコプター同乗の際の知識を色々と教えてくれます。

地図の読み方有視界飛行中の他の航空機の見つけ方、高い塔を地図でどう発見するかなどなどなど。

また万が一墜落したときにどのようにサバイブするかということもかなり強調されています。冬場にどのようにシェルターを作って暖をとるか、携帯用GPS表示機の使い方、三つの炎は助けを求めるユニバーサルサインなどいろいろなことを学びました。

機内にある無線機です。あらかじめよくいく病院がプリセットされてあります。機内のクルー同士の会話はモーションセンシティブで自Dscn1095_1 動に拾ってくれます。離発着時の会話は禁止されています。

--

私がヘリに乗っている月に他の施設で墜落して生存したフライトナースの方を招いてどのように安全な飛行を続けるかというセミナーも開かれていました。また墜落して家族失った方も講演をしていました。可能性はかなり低いことではありますが、万が一に備えて地上での管理も、安全のための知識確認・トレーニングも色々と心を配っている様子がわかります。

また医療面でも器材に不備がないこと・プロトコールのコピーが機内にあり直ぐに確認でき迷えば病院と無線で話して意見を求められることなどとにかく安全管理に細かく配慮がされています。

医療にお金がかかる米国であればこそ可能なお金のかかった重装備の医療搬送システムなのだと改めて思いました。

« EMS3:救急車・消防車 | トップページ | 誕生 »

コメント

Royal Flying Doctor Serviceの記事を書いたばかりでした。先生の記事を次回紹介させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?

コメントありがとうございました
ぜひよろしくお願いいたします

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EMS3:救急車・消防車 | トップページ | 誕生 »