« 内科ICU2 | トップページ | 人の習性2:医療はトムヤンクン »

2007年7月24日 (火)

人の習性:内科ICU

こちらにきて忘れてしまいがちな薬が止血剤(アドナ・トランサミン)やめまいの薬(メイロン・アデホス)そして去痰薬などなどでしょうか。基本的にはいろいろと試してみたけれど十分な証拠がないから使わないというのもありますし、しっかりとデザインされた臨床研究がないというのもあると思います。

成人でも小児でも日本では風邪薬が出されます。患者さんも来院して薬がないのは悲しいし、医療者も何か薬を出したいので私は出していました。こちらでは小児の風邪には解熱剤のみです。(病院からは出ません。OTCで買います。)去痰薬・咳止めは臨床研究を行ったが良い結果がでなかったというのが根拠のようです。親御さんとしては何か薬がほしいとは思うのでその心情を考えると何も病院から薬がでないということに少し疑問も覚えます。

日本にいたときはあまりよくないこととしりつつ日本でしか使わない薬に関しては製薬会社の方に採用根拠となった論文と一番最近の二重盲検による臨床研究の資料をお願いしていました。結果としては採用根拠の論文は基礎医学的にメカニズムを解説したもの最近の二重盲検の臨床研究はなく専門家の解説集が送られてくることが多かったです。それゆえ外来や入院で自己完結できる場合はこれらの薬は使わず、専門科にコンサルトする場合が予想される場合は使っていないと怒られるか不勉強扱いを受けるので使うようにしていました。そして研修医の先生には自分の集めた資料と自分の考えを伝えました。加えて自分の病院でのローカルスタンダードとワシントンマニュアルに書いてあるような必要最低限のどの病院でも通用しそうなスタンダードの両方を勉強するように強調していました。その大事さは自分の治療に疑問符を投げかけられたとき、ほかの病院に移ったときにわかるのですが、実践してくれていたかなあ。。。

膵炎のように消化器科がみたり救急がみたりする疾患では人や科によってあまりに治療法が違うため、消化器の全スタッフに相談して合意形成された治療指針をつくりそれにのって治療をするようにしていました。将来的には最新の知見に基づきアップデートするつもりでしたが、その前に病院を移ることになってしまいました。

長い前置きでしたが私が今回書きたかったのはARDSに関しての私の施設の集中治療医をみていて思ったことです。

http://square.umin.ac.jp/jrcm/page019.html

少し古いですがこの資料はとてもよくまとまっています。(前にも紹介しました。)

NOや持続的体位変換は良い結果は得られていませんが、いわゆる標準と呼ばれている治療を行っても酸素化が改善しないときはNOをしたり持続的体位変換を行ったりします。そんな様子をみていると人間は病気の患者さんをみているときにこれ以上有効な手段がないとわかっていてもじっと耐えることがつらく何か行動を起こして医療者自身の心の均衡を保ちたいものなのだと改めて思いました。かくいう私も同じように行動するでしょう。

http://www.bmj.com/cgi/content/abstract/bmj.39139.716794.55v1

参加しているMLでご紹介いただいたNOに関する論文です。

« 内科ICU2 | トップページ | 人の習性2:医療はトムヤンクン »

コメント

確かにそう言われてみれば去痰剤、止血剤は出しませんね。止血剤に関しては日本に居た時から使用していませんでしたが、まだ使用している施設は多いですね。今回の記事、なるほどと思いながら拝読しました。

コメントありがとうございました。効かないくすりでも欲しいし出したいというのは人間の習性なのだと思っています。大事なのはお互いそこにお金をつかっていることを了解している点と思います。今後もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内科ICU2 | トップページ | 人の習性2:医療はトムヤンクン »