« 原色の夏2:Drコトー | トップページ | 総合内科について1 »

2007年8月20日 (月)

原色の夏3:未熟だな

と思うことがたくさんありました。今回の旅にて。

もちろんコトー先生にお世話になっていたときに一番たくさん感じたのですが、帰国の際にお世話になった二つの病院でもかなり感じました。

湘南の病院北九州の病院にお世話になりました。場所こそ違いますが、二つの病院とも地域に大きな貢献をされている急性期病院でありそこに素晴らしい指導医の先生方とやる気に溢れた研修医の方々がいらっしゃいました。

私はそんな病院に今米国にいるというだけでお邪魔させていただいたわけですが、お話をさせていただいてむしろ自分の未熟さ・不勉強を痛感し、日本に帰るまでのあと二年弱また勉強せねばと決意をしたところです。今回の出会いで思い出した大事な言葉があります。

「良い臨床医が育つ条件は、(学ばせてもらう)患者がいて向かい合って毎日研鑽する医師がいることである。」

http://www.igaku-shoin.co.jp/prd/00142/0014282.html

私が初期研修した東京の国立病院の総合内科医長先生の言葉です。学生時代に見学にいったときに先生のあまりに凄い総合内科医としての能力に衝撃を受けました。

「先生はどのようにして現在に至られたのですか?」

と聞いたところの答えが上記のものです。

--

さて、どうしてこの言葉が出てきたかというと、心臓外科・移植外科など外科系で研修システムの観点からどうしても症例が集まる海外で研修せざるを得ない分野と違い内科や救急などで海外に行く意味は何かという疑問からです。

私が思うのは上記の言葉通り

「優秀な臨床医は環境に依存せずとも育つ。」

と思っています。しかし、環境に依存せずに育つにはかなりの精神的な強さともともとの成長するための才能を持ち合わせていることが大事なのであろうと思います。結論として私のような成長する才能が限られていて精神的に弱い人間は、新しいもの・新しい環境を求めて彷徨い、その中で成長するのがいいのかと思っています。

(これはこれで三十路になってくると結構大変なときもありますが)

--

http://www.yodosha.co.jp/book/9784758104623.html

今回北九州でお会いした有名研修病院の先生お二人にも大変お世話になりました。日本で足腰のしっかりした総合内科医になれる環境がしっかりとあると改めて感じました。別の機会に私がこの病院はいいと思う総合内科医のための病院を列挙したいと思います。

(私はマイナー派の救急医で且崩れ内科医のため総合内科に興味があります。)

« 原色の夏2:Drコトー | トップページ | 総合内科について1 »

コメント

北九州でお世話になった粟屋幸一です。帰米直前に、予定変更してまで立ち寄っていただき、ありがとうございました。当地の研修医達もとても良い刺激を受け、本当にいい出会いであったと思います。
このブログで紹介されたJIM の2006.No.7、早速読みました。
「良い臨床医が育つ条件は、(学ばせてもらう)患者がいて向かい合って毎日研鑽する医師がいることである。」を実感します。
それと同時に、指導する立場のものと、されるものとがマイルストーン(里程標)を立てながらやっていくことの大切さを確認しました。
小倉(北九州市)で、私が触れた斉藤孝さんの「教育学」(岩波新書)に出てくる「あこがれの共有」という言葉とともに、忘れずにおこうと思います。
ますます、お元気でご活躍下さい。
来年は、小倉の若者が訪ねて行くかもしれません。その折りは、よろしくお願いします。
先ずは、お礼まで。

粟屋先生御机下
北九州にて大変お世話になりました。

先生には非常に素晴らしい教育の心構え・EBMに対する姿勢・医療事情の知識・医師としてのモチベーションの維持の方法など短い間でしたが実にたくさんのことをご教授いただきました。

心より御礼申し上げます。教えていただいたことを生かせるよう今後も精進していければと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原色の夏2:Drコトー | トップページ | 総合内科について1 »