« よりよい救急医療のために | トップページ | 小児救急って難しい2 »

2007年9月29日 (土)

小児救急って難しい1

と私は思っています。できる先生に言わせると二ヶ月くらい回ってSickかそうでないかがわかればいいということなのですが。どうもいろんな小児や親を診るたびにますます難しく感じるものです。

http://pediatrics.aappublications.org/cgi/content/abstract/88/3/450

泣き止まない子供がきた場合にどうしたらいいのか、というのは結構真剣な問題です。自分も今核家族ですが、子供が30分くらいくずっていると「とほほ、どうしたらいいのかなあ。」と思います。

上記の論文はそんな我々非小児科医救急医へ良いアドバイスになると思います。分子レベルの現象の解明の論文も本当に素晴らしいですが、頭を抱えている臨床医の日常の疑問を解決する論文もこれまた素晴らしいものです。

しっかりオムツのところをみてHair tourniquetの除外・直腸診・角膜染色・鎖骨など骨格の注意深い診察・中耳炎や口内炎の除外などを含めた系統的な診察を行って以上がみつからない、そして救急外来にいる間に泣きやんだ、ケースでは深刻な細菌感染はあまりないというように理解しました。

検査では尿検査がやる価値があるけれど他はそんなに費用対効果が高くないとのことです。日本で乳幼児にカテーテルで導尿しようとすると恐らくご両親の反感が強いと思いますから、信頼度の低い採尿バッグでやるしかないと親御さんと妥協することになるのでしょうね。地味に直腸温を測っていなくて実は熱だったということも結構あるのだと思います。

こちらの小児救急医はたとえ泣き止んでいても直腸診をして腸重責でないかを除外しようとします。なかなか短期間でいろいろなピットフォールを身に着けるのは難しそうだと改めて思います。

そういう意味で月3-4回小児救急のシフトが三年間あり季節の変化や虐待など社会的な問題・先天性疾患の子供の救急などいろいろなバラエティに遭遇できる私の研修は結構恵まれていると改めて思っています。

« よりよい救急医療のために | トップページ | 小児救急って難しい2 »

コメント

実は今crying and irritable childというテーマでレジデントへの講義の準備をして、色々と文献を集めて読んでいるところでした。

corneal abrasionは確かに結構あるように感じています。私は個人的に2例経験しています。hair tourniquetは1例でした。

直腸診をする代わりに数時間ERで経過を観察するというのもひとつの方法かと思います。

先生が挙げられた文献は確か眼底まで診察することも含まれていたように思います。そこまでするのは難しいですが、そこまでする気持ちは大事だということでしょうね。先生の勉強熱心さにはいつもながら頭が下がります。また色々と教えてください。

実は今crying and irritable childというテーマでレジデントへの講義の準備をして、色々と文献を集めて読んでいるところでした。

corneal abrasionは確かに結構あるように感じています。私は個人的に2例経験しています。hair tourniquetは1例でした。

直腸診をする代わりに数時間ERで経過を観察するというのもひとつの方法かと思います。

先生が挙げられた文献は確か眼底まで診察することも含まれていたように思います。そこまでするのは難しいですが、そこまでする気持ちは大事だということでしょうね。先生の勉強熱心さにはいつもながら頭が下がります。また色々と教えてください。

I strictly recommend not to hold back until you earn enough cash to order all you need! You should just take the mortgage loans or credit loan and feel free

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よりよい救急医療のために | トップページ | 小児救急って難しい2 »