« 偏ったリストですが | トップページ | 眼底鏡 »

2007年10月17日 (水)

活躍する元同僚に励まされる

静岡の病院で働く初期研修時代の同期がテレビにでていました。てきぱきと働く姿がとても格好よかったです。米国で自信なさげにしている自分とはえらい違いだなあと思いました。彼の上司は同じ大学の先輩で、学生の頃渡米して研修した話を例会でしてくださいました。同窓の先輩の活躍をみて、「自分も!!」と思ったのが懐かしいです。

米国での研修の後、米国にとどまって診療していくこともとても難しいことですが、日本に帰国して逆カルチャーショックのなかうまく溶け込み質の良い仕事をすることもとても難しいのだと思います。そういういみでこの静岡の病院の先生方はとても素晴らしいと思います。

人間として未熟な私も少しずつ成長し、質の良い仕事を提供できるようになりたいものです。

追記

コトー先生のところにいったときのお話を寄稿いたしました。ご興味のある方は医学界新聞をご覧ください。

« 偏ったリストですが | トップページ | 眼底鏡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偏ったリストですが | トップページ | 眼底鏡 »