« 活躍する元同僚に励まされる | トップページ | 面接旅行のコツ?! »

2007年10月22日 (月)

眼底鏡

眼底鏡は得意ではありません。ただ基本的なことを海軍病院のときに検眼医のケンさんに教わったのでそれをレジデンシーの仲間に伝えた文章です。まじめに乳頭浮腫を見るべき疾患はPanopticをつかいます。

--

Hi my friends, Below is some info for ophthalmoscope technique. Applicable to panoptic as well.

http://careerfocus.bmj.com/cgi/content/full/329/7461/56

From my stand point, common mistakes for using a direct ophthalmoscope are below...

Mistake 1) Choosing a bright light.

It is very important that a pt can tolerate the brightness of this exam. I will chose the least bright and smallest light so that he or she can tolerate longer.

Mistake 2) Have a pt look straight.

It is important to get your patient to fixate on a precise area (for example, the corner of the room or curtain rail). If you are too vague about this they will move their eyes. Instruct the patient to look at this spot no matter what-even if you get in the way. This spot should be located so that they are looking slightly away from you when they are examined-that is, to the left when you examine the right eye and vice versa.

Mistake 3) Do not pay attention to your and his or her refractive errors.

Often the examiner try to take his or her glasses off. Also pt's glasses might be off. If you can examine both glasses on, probably that is the best way because you don't have to correct refractive errors. If you need get pt's glasses off, I will recommend you to estimate their diopters by using cheating sheet below from his or her visual acuity. That way you can have good estimation about how many diopter dial you will move.

Often time examiner will get close to the pt's face, and dial 4-5 diopters. Looking at the cheating sheet below, you will see how far you will go if you dial 4-5 diopters. If you are using your glasses on, I will recommend keep them on. If you need to take that off. You need make sure that you will adjust diopter prior to looking at pt.

-The dial is green for +, red for - for your reference.-

Refractive Error Myopia in Diopters Approximage Unaided Visual Acuity

-.50 D 20/50

-1.00 D 20/100

-2.00 D 20/200

-3.00 D 20/300

-4.00 D 20/400

-5.00 D 20/500

-6.00 D 20/600

-7.00 D 20/700

-8.00 D 20/800

-9.00 D 20/900

-10.00 D 20/1000

These approximations apply to nearsighted (myopia) patients wearing glasses. Obviously I am not good at ophthalmoscop technique and the info above could contain errors, feel free to give me any inputs. Thank you very much!

私の英語は非常に未熟で文法的間違いも多くお恥ずかしいところです。

*参考 ウェブで見つけた説明のコピーです。

欧米で用いられている方式で分子に検査距離、分母は視標の番号をとり表す方法でよく使われる20フィートでの検査距離では20/20(小数視力1.0)や20/40(小数視力0.5)のように表される。
※なお分母の視標の番号は小数視力1.0の人がその視標をかろうじて判別できる距離になっています。20/40 の場合は小数視力1.0の人は40フィートの距離からその視標を判別できる事になります。

« 活躍する元同僚に励まされる | トップページ | 面接旅行のコツ?! »

コメント

アメリカの総合医はお産がとれて、眼底鏡をみれるのが当たり前と昔聞きましたが、やはりそうなのでしょうか。

コメントありがとうございました。「アメリカの総合医は眼底鏡が使え、お産ができる」は事実でもあるといいたいところですが。。。

総合医を乱暴に一般内科医・家庭医・救急医に分けますと   
          眼底鏡   お産
一般内科医   △      ×
家庭医      △      ○?
救急医      △      △
という具合と思います。
△=出来る人もいるできない人も多い
×=出来ない
正常分娩をできる医師にになるのが家庭医の大きな目標の一つです。彼らは僻地でもいろんなことに対応できるようにトレーニングされているのでお産は大きなところです。三年間のレジデンシで物足りなくってもっと僻地でいろいろと一人でやりたい人はフェローとして帝王切開・NICU・集中治療・内視鏡・消化器外科で虫垂炎などをやるひともいるようです。
rural medicineという名前のフェローシップです。

救急医は最低10例正常分娩をとりますが、目標は経産婦が救急外来で突如分娩しそうになったときに対応することであって分娩全てに対応することは到底できません。ただ米国のメジャーな救急外来には必ず胎児・陣痛モニターがあります。

眼底鏡は上述していますが、「できる」といっているが基本的なところから知らない人が多く見えていない人が多いのだと思っています。初期のドラマのERなどでは外傷で眼底を見たりしていますが、こちらではまずそんなことはありません。眼底鏡所見が救急医にとって判断を決める場面はかなり限られており、そのような場合は「見えた」とハッタリをするよりもしっかりとpanopticで見たほうが患者にもいいことだというのが私のスタンスです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 活躍する元同僚に励まされる | トップページ | 面接旅行のコツ?! »