« 日本の医療どうなるか | トップページ | 旅行記2 »

2007年11月24日 (土)

旅行 ニューヨーク ボストン

ちょっと前になりますが、休暇を利用してニューヨークとボストンにいってきました。日本でも田舎育ちの私ですが米国でも田舎から都会へという構図は相変わらずです。朝早く車で1時間ちょっとのハブ空港にいってからニューヨークに旅立ちました。幸い子供もおとなしくしてくれていました。よかったよかった。

空港はラガーディアというこじんまりとしたところでタクシーにのってホテルに行きました。それにしても同じ米でもこんなに田舎と都会は違うのかというほど都会でおどろきました。なんというか都市独特の雑然とした感じ、エネルギーを感じました。

結構すぐにホテルについてチェックイン。友人に紹介してもらったホテルで、グラマシー(いいところらしい)にあるのですがかなりお得な値段でした。周りの雰囲気もいいし、部屋もベビーベッドが入ったので安心(他のホテルで結構高いのだけれどベビーベッドが入るスペースがないと言われました。一体どれ位狭いのか?)。
http://www.hotel17ny.com/

米国の都会ではホテルや住居の料金は治安と反比例しますので、よいところを紹介してもらって本当によかったです。

その後少し街をを散歩して
http://en.wikipedia.org/wiki/Union_Square_(New_York_City)
に行ったりしました。

その後に渡米前などに何ども情報をきいていたnプログラムの聖地に見学に行きました。いやあ感動しましたね。
僕も米国で研修しているんだなあと改めて思いました。病院の救急外来は、都会らしくコンパクトながらも非常に機能的な様子でした。なんだか患者層が違うなあと改めて思いました(実に多様なバックグラウンドの方々でした)。以前フィラデルフィアで見学していた時を思い出しました。
http://www.tokio-mednet.co.jp/nprogram/
http://www.tokio-mednet.co.jp/nprogram/essay/18.html
友人の先生のエッセイは米国の救急医学に関する情報がたくさん詰まった素晴らしいものです。是非ごらんください。久しぶりの再開を果たした米国で救急医学のレジデンシー二年目を迎えたふたりはいろいろと感想なり悩みなり進路なり話し合いました。
同じ志の仲間がいるということは本当に素晴らしいことです。

夜は写楽という日本食レストランに行きました。銀だら/鮭いくらどんどれも本当においしかったあ。
ニューヨークは日本のものも多いしとてもうらやましくなってしまいました。最後には日本食スーパーで衝動買いをしてホテルへ。

K先生ご家族に本当にお世話になりました。ありがとうございます。

« 日本の医療どうなるか | トップページ | 旅行記2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の医療どうなるか | トップページ | 旅行記2 »