« 肺塞栓 | トップページ | 非常に興味深いシンポジウムの傍聴記 »

2008年2月14日 (木)

小児ICU

最近ブログ更新滞っています。反省です。一月は小児ICUローテーションでした。小さい大人のはずですが色々と違うことがあったりして勉強になりました。恐らく米国の人は日本よりもDKAになる人が多いのかなあとおもったりしました。
外傷・脳腫瘍からの出血・ARDS・肝移植後・先天性房室ブロックや左室低形成の新生児・吸入麻酔薬が必要な痙攣重積・インフルエンザ→腎不全とかRSVからNASALCPAP(これは日本でもよくやるのでしょうね)などなどなど救急外来の点の診療ではあまり接しない線の診療から色々と学びました。
日本の静岡とか成育もそうですが、重症小児を診るにはヘリコプターと搬送チームがあることがとても助けになりますね。こちらもかなりヘリコプターで搬送されてきます。呼吸療法士と看護師でいきますが彼らはAPLS・NRPをマスターしており殆ど医師同様の侵襲的手技ができるので安心です。(なれない医師がいくより帰って安全と思います。)

小児ICUは骨髄移植のエリアを含めると18床と小さいですが満床になると結構忙しかったです。大体のスケジュールは

7時からプレラウンド

9時から指導医のラウンド

10時半くらいからレクチャー

残りの仕事を終えて12時前にはサインアウトといった感じです。米国では医師中心に病院のスケジュールが回っており朝に意思決定の必要な採血やX線データは大体揃うようになっています。ですからカルテは、研修医なら指導医のラウンドの前、指導医なら午前中に終わります。日本だと朝回診しても検査データが揃わず、昼頃になるまでX線や検査データを追いかけながらカルテを書かないといけなかった思い出があります。検査・手技などがある科ではデータをみるのが遅れたりなどいろいろと難しいことがあったことを覚えています。日本でも導入されている施設もあるようですが朝の回診のときにデータを揃えて意思決定をスムーズにする配慮は医師不足の叫ばれる今患者に理解してもらえないものかと思います。

(大学病院だとそのために研修医が3時4時から採血するという本末転倒のことが起こりそうですが。)

以前にも紹介しましたチャイルドライフとい教師の資格をもった人たちが患者の勉強を助けたり、検査の説明を子供にわかりやすくしたり、家族の相談にのったりしています。日本でも導入されつつあるようですが良い制度と思いました。

追伸

小児ICUとは関係ないですが小児関連ということで、以前に紹介したと思っていてしていなかった小児救急部でよく参照される成書を紹介します。値段がはるので救急部に一冊という感じの本ですが、症候別にアルゴリズムがあり、かなり詳細にいろんな分野をカバーしているので結構参照することがあります。

Textbook Of Pediatric Emergency Medicine (Master Techniques in Orthopaedic Surgery) Book Textbook Of Pediatric Emergency Medicine (Master Techniques in Orthopaedic Surgery)

販売元:Lippincott Williams & Wilkins
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 肺塞栓 | トップページ | 非常に興味深いシンポジウムの傍聴記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肺塞栓 | トップページ | 非常に興味深いシンポジウムの傍聴記 »