« USMLE Step3;最近の私5  | トップページ | 5月の私1:STEP3 »

2008年4月27日 (日)

毒物のコースAHLS:最近の私6

4月の最後のイベントはAdanced Hazmat Life Supportという毒物のコースを受けたことでした。田舎の私の町から都会の町へ出て行って受けました。

http://www.ahls.org/ahls/ecs/main/ahls_home.html

田舎町ではまずないですが毒物による災害に対応するためのコースです。思ったよりも座学ばかりでしたがためにはなりました。

医師のみならず救命士・病院幹部(医療関係ではない)ひともうけていて裾野の広さを感じました。かなり日本の事例(サリンや原子力発電所関連)がとりあげられていました。日本もこれらの教訓から学んではいますが米国の方がより活用しているような気がして少し残念に思いました。

日本では硫化水素の事件が多いようですが現場にしっかりと防御してはいらなかったり着衣をしっかりとらなくて病院で医療関係者に影響があったりと少し残念だなあと思いました。

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2005dir/n2615dir/n2615_02.htm

大事な点

1.除染をしっかり場所をわけてすること(基本は現場でしっかりと着衣をとる必要ならば水または洗剤で洗う。洗剤が必要化は疎水性で決まる。)

2.現場に入るものは毒物の種類にもとづいて事故を防御すること。

2.ABCDにもとづいて治療すること。

3.解毒剤や毒物の代謝を促進するものがあるか考える。

などであったと思います。米国の人たちはいろいろな事象から原則を作って簡素化するのが得意ですね。いつかもうちょっとこのコースについて書いて雑誌にでも投稿したいと思っています。

« USMLE Step3;最近の私5  | トップページ | 5月の私1:STEP3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« USMLE Step3;最近の私5  | トップページ | 5月の私1:STEP3 »