« シニアシフト:8月その2 | トップページ | 医者は患者から学ぶ 8月その4 »

2008年8月25日 (月)

口述筆記 8月その3

私の沖縄時代の上司の先生が田舎の施設まで訪ねてきてくれました。久々の再会でとても楽しい時間をすごさせていただきました。ありがとうございます。

米国でも音声認識プログラムを使っている施設は多いですが速度が遅かったり語彙が限られたりなどの問題があるようです。

http://www.advanced-media.co.jp/introduction/amivoice.html

AmiVoiceというソフトが日本にもあるそうでいろいろな施設が使っていると聞きました。すばらしいですね。特に電子カルテの施設では活用できそうです。

救急医療は日本の激しく厳しい訴訟社会の中で詳細なカルテ記載が求められるのでこのようなものがあると非常に助かりそうですね。

もし日本に帰ることになったらAmiVoiceを使いたいなあと思った私でした。

« シニアシフト:8月その2 | トップページ | 医者は患者から学ぶ 8月その4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シニアシフト:8月その2 | トップページ | 医者は患者から学ぶ 8月その4 »