« 人手不足 米国の田舎の救急外来の対応 9月その3.5 | トップページ | 集約化 9月その5 »

2008年9月22日 (月)

実るほど頭をたれる稲穂かな 9月4

尊敬する寺沢先生の記事がありました。

http://www.asahi.com/edu/university/kougi/TKY200809050122.html

パート2の周りと強調して仕事をしていくことの大事さがとても身にしみます。

日本に帰ることになったら「静かにしかし消えない炎」でがんばって生きたいと思います。

「ではの神にならない」のも大事ですね。

--

J-walkの(古い)歌にもありましたけれど「世界中の悩み一人で・・・」みたいな独りよがりに陥らずに仲間を大切にしていくことが大事と改めて思いました。片思いの女性に「どうしてわかってくれないのか」とか、学校のサークルで「一人突っ走ってうまくいかないリーダー」と一緒で「自分がやりたいこと」「みんながやりたいこと」「患者が求めること」のバランスをうまく取れないで突っ走っても燃え尽きてしまうのでしょうきっと。

寺沢先生の御著書も含めて過去に紹介したERで役立つ本をまとめました。よろしければリンクをご参照ください。

« 人手不足 米国の田舎の救急外来の対応 9月その3.5 | トップページ | 集約化 9月その5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人手不足 米国の田舎の救急外来の対応 9月その3.5 | トップページ | 集約化 9月その5 »