« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月19日 (水)

旅行の報告 11月の私3

先月に生まれて初めてグランドサークルに行きました。日本から両親もきてくれて家族で楽しい旅行になりました。息子はこの旅行のことを覚えていないだろうけれど将来写真を見せてあげたいと思います。

昼のシフトを終えてバスでミネアポリスにいってから飛行機でラスベガスへ深夜なのにものすごい人がいて驚きました。まさに歌舞伎町がでっかくなったような感じがしました。

またラスベガスに行ってみたいなあと思いました。ベラッジオの噴水凄かった。

ラスベガス、ザイオン、ブライスキャニオン、レイクパウエル(アンテロープキャニオン)、モニュメントバレー、グランドキャニオン、ラスベガスといきました。

個人的にはモニュメントバレー、アンテロープキャニオンがいいなあと思いました。

詳細な旅行記写真などに御興味のある方は妻のブログへどうぞ。

http://rochester.cocolog-nifty.com/blog/cat30075215/index.html

2008年11月17日 (月)

卒業に向けて 11月の私2

フェローシップをするかどうだかわかりませんが、ひとまず卒業にむけて一人前の指導医になれるように意識的にチャレンジしています。

1. 口述筆記DICTATION
私のプログラムは三年目はDICTATIONをしてよいことになっています。(お金がかかるので。)忙しいシフトの中DICTATIONをするのは大変ですが慣れると非常に効率がいいのでがんばっています。
米国救急外来の診療報酬請求のdocumentationと勉強も。

2 .複雑な患者を多数どんどん診て行く
米国式の救急医は日本の医者にいわせると研修医みたいな仕事ですが多数の複雑な患者を同時進行で、適切なリソースを用いて診断かもしくは入院帰宅などの判断をすることが求められています。 なるべく多くの患者をみつつも医師患者関係・チームワークがおかしくならないようにチャレンジしています。

3. 医学生や一年目の診た患者を自分も診て指導する
日本に帰ったらやはり多数の患者を自分で診つつそれと同時に指導をしていかないといけません。内科のような長い指導はできませんが、こまっている研修医に適切なアドバイス、適切な鑑別診断、症例へのアプローチ、ガイドライン、論文を効率よく伝えることができるように努力しています。

この3つの両立を目指してシフトをするようにしています。結構忙しくなるのですが今日は割りとうまくいきました。

これからもなるべく独り立ちできるように意識して毎日を過ごして生きたいと思います。臨床的な判断をしていくことが大事なのです。自分で責任をとるつもりでする医療というのは、日本のときもそうでしたけれどやはり一味違ってきますね。これからも指導医が「僕と働くとカルテもジュニアの指導も決断もやってくれて楽だ」と思ってくれるようにがんばっていきたいと思います。 (指導医がインターネットしてのほほんとしてると昔はむかっとしたこともありましたが、今後は彼らの仕事が殆どないくらい暇にすることが私の目標です。)

2008年11月15日 (土)

事故調傍聴記 ものすごい議論!!

これはすばらしい傍聴記。

http://lohasmedical.jp/blog/2008/11/post_1491.php#more

いかに今後の政治行政に透明性・双方向性が大事であることがわかります。大事な問題を政治家や行政(もしくは一部の御用学者も)だけで決められるという時代が続いてはならないと改めて思いました。

しかしながら日本の医学界において医局・医師会という二大勢力がうまく融合できずそれぞれの自治の透明性や仕組みに問題があり、ここの医師の犠牲を強いてここまで膿をためてきた自身への反省も必要な気がします。

いつもながらロハスメの川口さんに大感謝です。

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »