« フロリダ 5:ディズニーワールドなど | トップページ | 7月から »

2009年1月16日 (金)

超音波と救急

11月は超音波の月でした。周に4-5回救急部で超音波に適した患者に超音波をさせてもらうという月です。

実際は結構重宝されてDVTをみてくれとか、網膜をみてみようとか、鎌状赤血球症の人で末梢が難しいからお願いとか(末梢確保で呼ばれるの多かったですね。看護師が味をしめたようです。)、いろいろと呼ばれましたね。

個人的には骨折とか、網膜剥離、内頚動脈とかに興味を持ってやるようにしました。内頚動脈は結構強く押さないとドップラーがみれなくて患者がかわいそうになり(不快感が強い)ので後半はやめました。

記録する症例の義務があったのでそれを早めにこなした後は、12月に迫り来る面接の書類の準備とか、いけるかもわからない大学院のための試験勉強やこれもいくかもわからないカナダの国家試験の勉強とか、AAEM、CORD、SAEMといった学会にプロジェクトを色々提出したりとかなんだかかんだか時間を有効活用しました。

米国では内科医はまず超音波あまり使えませんし、外科医も同様です。日本のお医者さんレベルの超音波や手技ができるのは実は救急医くらいのものです。

以下は米国の田舎の一施設の話です。(しかし私は大分米国の色々な施設をみましたので大体東海岸、西海岸、中西部に通じると思います。)

外科医は挿管とかシーネ固定とか、骨折整復は苦手です。あくまで一般外科医は一般外科医で整形外科的なことはしないし、麻酔科的なこともしません。内科系は集中治療フェローをしても挿管の十分な経験があるかどうか疑問と思います。挿管が緊急で必要な患者は救急部で挿管されるし、中心静脈なども救急部でいれるのがトレンドですから手技的には、やはり日本のお医者さんにちかいのは米国の救急医でしょう。

一般内科の必要手技から腰椎穿刺ははずれました。納得です。腰椎穿刺が一番うまいのは救急医でしょう。その次は透視下でやる放射線科医ですね。

脱線しました。今回のローテーションで使った教科書が日本の超音波と少し視点が違って面白いところがあったので御紹介します。眼科領域、DVT、各種手技(血管確保、間接穿刺、末梢神経ブロックなどなど多様)など色々なところで超音波の応用がありますね。

Manual of Emergency and Critical Care Ultrasound Book Manual of Emergency and Critical Care Ultrasound

著者:Vicki E. Noble,Bret Nelson,A. Nicholas Sutingco
販売元:Cambridge University Press
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Emergency Ultrasound Book Emergency Ultrasound

著者:O. John, M.D. Ma,James R., M.D. Mateer,Michael, M.D. Blaivas
販売元:McGraw-Hill
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« フロリダ 5:ディズニーワールドなど | トップページ | 7月から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロリダ 5:ディズニーワールドなど | トップページ | 7月から »