« Awake nasal: 気道管理の色々に関して | トップページ | 7月中旬から8月中旬 »

2009年6月10日 (水)

心電図

心電図。一枚の紙ですが、実に深い。

卒後9年目になりますが未だに勉強中。

こちらにきて強調されたのは
・主訴によって鑑別診断を考えながら読みなさい。
・読むときは、ちょっと静かなところで読みなさい。

ということでした。以下に私が使ってきた(主に先輩や友人に薦められて)本をご紹介したします。

図解心電図テキスト―Dr.Dubin式はやわかり心電図読解メソッド Book 図解心電図テキスト―Dr.Dubin式はやわかり心電図読解メソッド

著者:デイル デュービン
販売元:文光堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実にわかりやすく初歩から書いてあって素晴らしい。けれど結構実用的な深いところもついている。名著です。著者の方には色々問題もあるようですが。

ECGブック―心電図センスを身につける Book ECGブック―心電図センスを身につける

著者:アンドリュー・R. ホートン,デイヴィッド グレイ
販売元:メディカルサイエンスインターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

学生のころ今は京都にいってカリスマ感染症・ICU指導医になった友人とACLSを学びました。彼から薦められて読んだ本です。DUBINよりももう少し突っ込んでいてよかったです。

ECGs for the Emergency Physician 1 Book ECGs for the Emergency Physician 1

著者:Amal Mattu
販売元:Wiley–Blackwell
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Mattu先生は私のPDの師匠です。この本、実に素晴らしいです。また彼の書いた心電図に関する論文なども相当いけています。
肺塞栓におけるV1-V3のT波陰転科化(そしてトロポニンも上昇します。おおこわ。)なども当たり前のようにのっています。私はまだ読んでいませんが第二段も出たようです。
V1-V3の陰転化をみたらひやりとしてCTをオーダーしにかかります。日本でも悩ましい症例としてどこかで取り上げられていたと思います。

ECGs for the Emergency Physician 2 Book ECGs for the Emergency Physician 2

著者:Amal Mattu,William J. Brady
販売元:Wiley–Blackwell
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以下は持っていますが、辞書的なものでみなさんが持つべきなのかというとわかりません。

The Complete Guide to ECGS Book The Complete Guide to ECGS

著者:James H. O'Keefe,Stephen C. Hammill,Mark S. Freed,Steven M., M.D. Pogwizd
販売元:Jones & Bartlett Pub
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Marriott's Practical Electrocardiography (Marriott's Practical Electrocardiography (Wagner)) Book Marriott's Practical Electrocardiography (Marriott's Practical Electrocardiography (Wagner))

著者:Galen S. Wagner
販売元:Lippincott Williams & Wilkins
Amazon.co.jpで詳細を確認する

印象ですが後者の方が使い勝手がいいきがします。
--

本をもっていたら色々と読める医師になっているといいのですが、実際はまだまだまだで日々発見です。
興味深い症例はレジデンシー全体で無名化してからシェアして心電図にふれる機会を作っています。そして3ヶ月に一回プールした心電図を一時間かけてレクチャー形式で読みまくっています。

日本にいたころLBBBをST上昇と思って恥ずかしい思いをしたブログ主より
(結局新規発症でしたのでよかったのですが、あのころはsgarbossa criteriaとかも知らないひよこちゃんでしたね。)

« Awake nasal: 気道管理の色々に関して | トップページ | 7月中旬から8月中旬 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Awake nasal: 気道管理の色々に関して | トップページ | 7月中旬から8月中旬 »