« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月29日 (水)

飛び回っています2

20
学生時代に国際保健に興味を持っていた様々な大学の出身の同級生で飲みました。気の置けない友とのざっくばらんな話はとっても楽しいものです。
ロンドンに留学する友人
大学にて公衆衛生の仕事をする友人
感染症疫学の専門家の友人
国際機関に出向する友人
とそれぞれ各々の方向で充実した日々を送っている姿から刺激を受けました。

21
パスポートを受け取りに行きその後買い物を地元でしました。

22
ビザ更新。ちょっと質問されましたがわりと順調でした。銀座の巨大ユニクロで買い物しました。買いすぎました。(でもユニクロだし二年分だし奥さんに許してもらえればと思います。)
T大にて医学教育の専門の先生に進路相談に乗っていただきました。やはりT大は日本一で立派な施設でした。

23
息子が地元の保健所で歯科検診。大雨でした。ちょっと家でゆっくり。

24
健康診断のアルバイト(初体験)を二箇所で。
その後東京駅にてSNSのオフ会。
http://www.doctor2007.com/
(正式会員ではないのですが、、、。)

25
24日の飲み会の後に新宿から大阪へ深夜バスで。朝は心斎橋の銭湯に入ってから着替えて学会へ。
http://jsme.umin.ac.jp/
色々と興味深い発表があって勉強になりました。新たな出会いや旧交を温め、交流と言う点でも実りが多かったです。シミュレーションでというのはあまり出てませんでした。
同日新幹線で帰京して研修病院の同期と食事をしました。それぞれの近況を確認できて楽しい時間でした。(とってもおいしいお店でした。)

26
私の実家の団地の祭りに家族で参加。思いがけず小学校時代の友人二家族に遭遇して楽しい時間をすごしました。でも暑かった。。。

2009年7月17日 (金)

飛び回っています1

12
N口の会食に出席。物凄いビッグネームの先生方に囲まれてちょっと緊張しました。

13
免許など更新しました。その後パスポートの更新を申請。

そして母校へ。学生さんはよそうとおり数名だけ。(それでもいただけ凄いと思いましたよ。自分が学生のころ5時ころからの講義なんて部活なりバイトなりで大忙しでとてもでれませんでしたから。)でも講義料いただいたので、、、満足満足。お招きいただいて有難うございました。夜は同級生と後輩が集まってくれておいしい居酒屋で会食。生だことか魚のカマとか絶品でした。母校も色々と変わっていて懐かしさと新しさに触れていい時間でした。

14
泊まりそして翌日はサッカー部の先輩?(20年くらいですが)にお誘いいただき先輩が要職に疲れている病院で講演。何だか聴衆が100人オーバーでちょっと緊張しましたが、それになりにできました。寝ている人は少なめでしたね。(講義のバロメーターに使っています。本当はもっとギャグないといけないのだろうなあと思いました。)
スタッフの方々が元気があって若くて前向きで素晴らしい病院でした。
http://www.twmu.ac.jp/TYMC/

15
妻の実家に泊まってよく実はシミュレーションセンターを見させていただきに違う施設を訪問しました。素晴らしい設備が効率よく管理されていてとても勉強になりました。
http://www.tmd.ac.jp/mdc/radicalreform/koukai.html
昼ごはんは出版社の方々と会食をして情報交換。連載をさせていただくことになりました。いいものがかけるといいのですが。しかしおいしいご飯でした。つい長話してしまいました。申し訳ない。

その後妻と合流して丸の内でお茶をしました。丸ビル周辺は本当に綺麗ですね。
外国から友人が着たら連れて行きたいなあと思いました。懐かしい後楽園のあたりに泊まり(予備校のときによく途中下車しました。)、

16

翌日は別な施設にて講演をさせていただきました。
実はその前にN口の集まりにてお知り合いになった循環器の先生にお誘いいただいて同じ施設の循環器科の教育カンファレンスへ、コメントなんか求めていただきちょっと緊張しましたがアカデミックな雰囲気に刺激を受けました。

幅の広い整の頻脈で大事な5つの鑑別は

1.VT、2.VT、3.VT、4.VT、5.SVT with aberrancyとコメントさせていただきました。

その後救急部に移りやはり素晴らしいカンファレンスに参加させていただきその後講演させていただきました。その後歴史ある病院を案内していただき、非常に感銘を受けました。http://web.sc.itc.keio.ac.jp/keioed/index-jp.html

またかねてから訪問させていただきたかったシミュレーションセンターも。優秀な管理人さんに再会できて感無量でした。マヨであった循環器の素晴らしい教育者の先生にも再会して色々と情報交換ができました。
http://www.med.keio.ac.jp/csl-web/

17
一度実家に帰ってまた行脚に出発しました。今度は素晴らしい部長先生とおそらくは日本でもっともしっかりとしたER型救急の臨床とトレーニングが共存する病院全体が一丸となって救急に取り組む素晴らしい病院。
二年前の講義と結構かぶってしまいましたが、結構質問をしていただき嬉しかったです。懇親会ではお世話になった海軍病院の先生ともお話ができて、とてもいい交流ができました。
http://www.shonankamakura.or.jp/contents/information/28_er/ER%20residents2007.htm

18
朝遅くホテルを出て実家へ。実家である花火大会。昔は市の東側でしかなかったものが西側市民からもクレームが出て私の実家のある市街から離れた田舎側でも隔年であるようになりました。
http://www.rurubu.com/season/summer/hanabi/detail.asp?SozaiNo=110006

19
親戚のご一家が出店されるアースデイというイベントへ。とても素晴らしいお店がオーガニックの食品・製品を出店されていました。それにしても親戚の家の地鶏ソーセージとかおにぎりとか、きゅうりとかおいしいこと。看板娘のMちゃん・Fちゃんの浴衣も似合っていました。

http://miyamotoya.exblog.jp/11560206/

帰宅後昼寝して実家の近くの娯楽施設?へ昔は種豚牧場だったけれど今はそれは田舎に移動して温泉とかも掘って一大娯楽施設へ。
数々の賞を受賞したというSGPという豚のカツを食べました。カツがとろける?というおいしさを始めて体験しました。今まで一番おいしいカツでした。
温泉は小さかったけれど、日本帰ったら温泉と思っていたので満足でした。
http://www.saiboku.co.jp/

などなど飛び回った一週間でした。お世話になった皆様に厚く御礼申し上げます。

2009年7月11日 (土)

7月13日

母校にて午後5時から米国の卒後医学教育について講演します。

お時間のある方はご検討いただけますと幸いです。

2009年7月 1日 (水)

お勧め2 ブログと本

http://blog.m3.com/ER

素晴らしい救急医の先生のブログです。私みたい鑑別もいまいち、エコーもいまいち、できる手技もいまいちな状態とは程遠く、手技はPCI、手術、PCPSからそしてエコーでは椎骨動脈まで描出可能で、鑑別診断も物凄い先生です。

こういう素晴らしい救急医の先生が日本にいると米国に是非伝えたいですね。本当にスーパー救急医です。
--

救急外来でのキケンな一言―トラブル事例に学ぶ診療のピットフォールとTips Book 救急外来でのキケンな一言―トラブル事例に学ぶ診療のピットフォールとTips

著者:岩田 充永
販売元:羊土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

中部地方に御勤務の先生の素晴らしい御著書です。基本的には教育的な症例がちりばめられた本です。一つ一つの症例が非常に的確に分析され、文献的が紹介されています。ERで働く救急医にとって非常に参考になる本です。

お二人の素晴らしい先輩のようになれるよう(遠い話ですが)自分なりに課題を見つけてこつこつやっていきたいと思います。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »