« 5月 1 Harvard Macy Course | トップページ | 5月 3 Macy メモ »

2010年5月 8日 (土)

5月 2 Macy メモ

交渉の方法:
まずはNOになった理由から推定
そしてまずはもう一度交渉の場に。
謝罪と感謝
そしてとにかくボールを投げて受け取ってもらう
それから何が問題であったかを聞き
交渉のオプションがあるかを聞く
ボディーランゲージ大事
会議には必ず議題とそれに対する方針と限界プランをもって
オープンなきもちとコンディションで臨む
ストレッチ
視線は7秒まで
ホームベース いきなりホームランは無理一塁から
--
評価の方法:
評価も教育の一部
なんのための評価?
何を評価する?
どうやって評価する?
評価をする上での注意
Formative vs Summative
Classify or select
Iceberg Knows<Knows how<Show how<Does + non professsional skills

reproducible
valid
acceptable
useful
timely
safe
generalizable

評価にたいして受容しない人にはreflectionがいいときもある。ただ評価者にばかり不満だけいなるひともいるが。

« 5月 1 Harvard Macy Course | トップページ | 5月 3 Macy メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月 1 Harvard Macy Course | トップページ | 5月 3 Macy メモ »