« Faculty club | トップページ | 救急部の設計大詰め »

2010年9月 2日 (木)

9月1

脳卒中、ショック、ショック、胸痛、不安定狭心症、転倒肩脱臼そしての整復、カテ室直行だった患者が心不全でEDへ明らかに挿管必要→挿管カテ室、外傷、失神、失神などなどバラエティに富んだ日でした。

チームで働くこと、危険を察知して準備していくこと、色々と工夫しながら診療でき、だれも大きな問題が起きなかったのでよかった。。。

忙しいけれどやりがいを感じられた日でしたね。たまにはこんな日もないとね。

« Faculty club | トップページ | 救急部の設計大詰め »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Faculty club | トップページ | 救急部の設計大詰め »