« 救急部の設計大詰め | トップページ | 人の痛みがわかるように »

2010年9月22日 (水)

9月 Social Epidemiology

夏の授業をぼんやりと振り返る。
社会全体をターゲットにするPopulation based かハイリスクだけをやるのか?
それぞれの良さとか。。。
SESの定義やその健康との関係とか
地域のコミュニティと健康の関係など
色々と勉強になりました。試験は難しかったですね。日本人の先生が授業をしてくれていると嬉しいです。私も教師として大きな講堂で話すことにもう少し慣れていければと思います。前よりはコミュニケーションの授業なり、教育のコースなりで少しは成長したと思いますが。

« 救急部の設計大詰め | トップページ | 人の痛みがわかるように »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 救急部の設計大詰め | トップページ | 人の痛みがわかるように »